« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

寒中の桜

Sakura_2  寒中らしく、毎日寒い東京。そんな折、当家にこんな花が一枝。

 梅ではないですよ。寒緋桜です。沖縄本島は本部、農家民宿ひろみ園さんから届いた「たんかん」の箱に一緒に入っていました。嬉しいお心遣いです。
 本部には桜の名所八重岳があって、今頃がお花見シーズン。ひろみ園さんも、今は日本一早い花見を楽しむお客さんで、にぎわっていらっしゃる頃でしょうね。

 当家でも、ヘディ猫が、ちっちゃなお花見を楽しんでいた模様。

Heady

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

お送りいただきました『猫グッズ図鑑』

Felt_3    本日、『猫グッズ図鑑』(佐々木ルリ子著・河出書房新社)をお送りいただきました。この中で「猫毛フェルト指人形」をご紹介いただいているのです。

 キュートな猫グッズがわんさか。そんな中に猫毛、ご紹介いただいちゃっていいのか…、と以前なら思っていたでしょうが、最近、猫毛作品がもっぱらラヴリィ方面に展開しているので、特に違和感を持たなくなっている自分です。

 慣れってすごいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

雪の日も、猫の日

Yuki  日差しがあるのに、ちらちらと雪が舞う本日のお天気。
 猫はたぶん、雪は好きじゃないでしょうが、東京の風花は珍しく、冬らしい風情が、なかなか良いものでした。

 今回の『猫毛フェルトの本』で、一番たくさんの毛を提供して貢献してくれたのは、姉の飼い猫「ゆきちゃん」ですが、彼女はまだ子猫のころ、ある雪の日に、姉宅の玄関にやって来たのでした。

 どうも、当家の家系は、猫に「お前んちに居てやる」とやって来られる傾向があるようですね。
 猫の思い通りになる人間たちだというのが、見破られているのでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

たぶん、猫の嫌いな節気、大寒

 大寒らしく、日差しがなく寒い、今日の東京です。思い返せば去年の大寒までは、読者諸賢のご協力を得て、「節気の猫句」を行っていたんですよね~。

 思えば、今よりはずっと、季節の移ろいを大切に日々を過ごしていたような…。
 たったの1年しか経っていないのに、人の生活や気構えって、ちょっとのことで結構変わるものだな、と気付かされました。 俳句、いつももっと作りたいのですけれどもね。

  
Butou 今日は寒いので、ヘディ猫も毛布の下で丸まって、うんともすんとも言いません。今頃の時期でも、日差しがあればのびのび~としているのですけれど。

 ということで、冬の日差しの中で舞うヘディ猫の1枚。陰影によって、彼女の舞踏がますますドラマチックに見えますね。

 ところで、今、『猫毛フェルトの部屋』で、初回キリ番やってます。猫的キリ番2222ゲットの方に何か良いこと(あるいは災難?)が。どうぞ覗いてみてくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

「猫毛フェルト」にヘディ猫は

 最近ずっとお知らせしている「猫毛フェルト本」プロジェクトですが、さて、そこへのヘディ猫の関与は、と申しますと。
 本の中身をお伝えするとネタばれになって面白くないので、彼女の関与の仕方を象徴的に示す写真を一つ。

Heady

 こんな感じで関わり合っているのです。

 …って、これじゃわかんないですよね。
(ちなみに、この写真は本には収録されていません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

猫だけではない、日向ぼっこ

Photo_3 寒中らしい寒い日が続いています。こういうときは外の猫たちがどうしているか気になりますね。
 当家の通い猫「ヘディ猫」は、<自由な立場>と<安楽な生活>の両方を手に入れることができているやり手ですから、夜は当家の布団でぬくぬくし、日中は広い大家さんの庭(その他、当方の知らない謎の場所)を自由に歩いて日ざしを浴びて温まり、冬でも快適そうであります。

 日に当たるのは、猫にとって大切なことで、日に当たって体内でビタミンDを合成しているのですね。人間も同じように日にあたってビタミンDを作り、足りないとクル病になったりする、というのはご存じの通りです。
 で、日に当たると良いのは、猫や人だけでもなく、柿や、鏡開きで開いたお供え餅や、唐辛子も日に当たっております。

 と、干していると、わざわざその前を通っていくヘディ猫。本当に猫は「参加」が好きですね。

(そんなヘディ猫は、茶房高円寺書林さんのブログで連載中のコラムにも、出演中です)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

出版いたします!『猫毛フェルトの本』 

 さて、先日来、もったいぶっていた当「猫おき」のサプライズ。「猫毛フェルトの部屋」の中で近日中に公開すると書きましたが、こちらでも公表しちゃいますね!

 実は『猫毛フェルトの本』が発行される運びとなりました!
 「猫おき」8年の数あるテーマの中で「猫毛」…、というのが順当なのかどうかはともかく、これも偏に読者の皆様のご好評のお陰です。この場を借りてお礼申し上げます!
 本の詳細など、本日配信のメルマガ「猫のおきて」でも書いております。

 どんな本か、その中身はまたご紹介していきますね!
 猫毛関連情報は「猫毛フェルトの部屋」にも掲載していきますので、合わせてチェックしてみてくださいませ♪

 まずはご報告まで、ということで、以下のようなアンケートも実施します~。コメントもお寄せ下さいましね!

「猫のおきて」から初の単行本として、猫毛フェルトって…? Powered By クリックアンケート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

ブログ「猫毛フェルトの部屋」開設苦労話

 予告しました七草までに、何とか開設にこぎつけた、新ブログ「猫毛フェルトの部屋」。

 実は、手こずっていたのは、その中身よりも独自ドメインの設定でして。
 今回はせっかくなので独自ドメイン「nekoke.com」を取得し、それで運用できるように、HTMLだPHPだという藪の中で、藪漕ぎをしておりました。

 で、1月3日の記事のコメントに、「(実は猫関係で独自ドメインをとったのですが、それをブログのドメインとして設定するのに四苦八苦しています…どなたか詳しい方、サポートしてくださらないかなあ)」とぼやきを書き込んでおりましたが、まさに、それをして下さった方がおいでになりました。
 その方は「がりんぺいろ」さんで、独自ドメインについての手引きなど、すごーく充実したブログをなさってます! 当方の初歩的な質問にも親切的確にお答えくださり、そのおかげをもちまして、開設に至りました。

 いやー、もしや、猫が招いてくれた方なのかも! ありがたや!

 皆様も、独自ドメインでのブログやホームページ、メールの運用をお考えでしたら、ぜひ一度ご覧になってみては。参考になりますよ~

Fuwa

 そういえば、当方、「nekonookite.com」も、取得しているんですよ。
 ただ、これからブログの記事とか移動するの、ナンギだしなあ、とそのままにしている次第。

 それよりも、複数コンテンツがあるわけだから、雑誌の表紙、というか目次のようなサイトを1つ作り、そこに各コンテンツ名を入れてアクセスできるようにするとか、と思ってますが、読者諸賢はどう思われます? ご希望やご意見などございますか。
(メルマガ「猫のおきて」の各号タイトル入り総目次作って♪ とかそういうご希望があったらどうしよう…とオソレつつ…)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

ブログ「猫毛フェルトの部屋」、開設しました

Toha 七草の日でございます。
 前に、「新年のサプライズは、七草くらいまでに、ご報告いたしますので」と書きました、そのお知らせです。

 以前、当「猫のおきて」でもご紹介しました猫作品「猫毛フェルト」の独立ブログ「猫毛フェルトの部屋」を新設いたしました♪
 猫毛フェルトのみに特化した(ほとほとたわけな)ページです。クラフトや手芸にご興味ある方も、あんまりない方も、猫的に楽しんで頂けると思いますので、ぜひ一度覗いてみてくださいませ。

 今は、初回の記事だけですが、今晩中に幾つかのコンテンツを順次アップしていきますので、よろしければ時間をおいて覗いて見てくださいまし。コメントも、お待ちしてますね~

 ……って、「ブログ開設だけじゃ、サプライズじゃないじゃないの」とおっしゃる冷静な読者諸賢の皆様、うっふっふ、その通りです。サプライズについては、その「猫毛フェルトの部屋」の中で、近日中に(もしかしたら今夜)公開いたしますので、どうぞご注目下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

今年こそ期限内申告を誓っていると、猫が

Hairanai 三が日がすぎ、今年こそ確定申告を期限内にしたい(つまり例年遅れている…)と期して、帳簿仕事をしていると、その横で繰り広げられるこんな光景。
 経費の領収書入れにしていた箱のふたを開けておいたら、そこにヘディ猫が。

 以前のエントリで、彼女は「箱があると、もう必ず入らずには居られず、『それ絶対、アナタ入らないから』というような大きさの箱にも、どしん!と乗ってみたりする」由書きましたが、こういうことですね。この場合、箱の「み」のほうではなく、「ふた」ですが。

 しかしどうにも無理やりだなあ。胸と前肢と尻尾、はみ出してるし。
 表情も、いつもの余裕綽々な感じに比べて、乗ってみたものの自分でも何やら戸惑っているように見えるのは、気のせいでしょうかね?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

本年も猫的に宜しくお願いします

Fukucha  あけまして、猫々しく、おめでとうございます。
 旧年中は当「猫のおきて」に御贔屓を賜りありがとうございました。

 読者諸賢におかれましては、どのようなお正月でしょうか。「猫おき」では、本年も、今、懐や膝、傍らに猫のいる方には、ますます猫を愛しく思っていただけるような、また、今、猫と一緒に暮らしていない方にも、心の中で温かな猫の姿として残るような、猫的表現をお届けしたいと思っています。

 昨年秋、実は心中密かに、「書いて書いて書きまくるしかあるまい」と覚悟を決めました。今年はその思いを胸に刻み、「猫のおきて」を始めた当時の初心に立ち返って精進しますので、変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します。

 さて、新年のサプライズは、七草くらいまでに、ご報告いたしますので、お楽しみに♪

 ちなみに、画像は「元旦の暁と節分の夜は必ずお用い下さい」(下線筆者)とパッケージに印刷され、飲むことが厳しく要請されている「福茶」であります。
 それ自体は特に猫的な話題でもないのですが、当家においては福茶も当然、こういう湯飲みで喫されるのでありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »