« 猫ロゴクッキー! | トップページ | 猫@フェーヴ »

2009年4月28日 (火)

悪い虫がつかない猫

 春から初夏へと季節が移ろう今日この頃。

Peace

 暖かくなり、ヘディ猫もまったりと。
 …と見ると、あんたおなかに何かついてない?

Headyhara

 ほらこれ!
 こっ、これは、気温が高くなると、猫や犬に増えてくるあの虫?!

Mushi

 いや、これは猫や犬を悩ますノミではなくて、アブラムシ。
 植物じゃあるまいし、と思いますが、彼女は寄生されているわけではなくて、アブラムシのついたアサツキのそばを歩いたら、一時的にくっついてしまったんですね。

Mushi2

 ヘディ猫にはノミはいないんですね。彼女にはさまざまなナゾがありますが、「外歩きするのにノミがいたためしがない」というのもその一つ。
 当方は別にノミよけ薬を投与したりしていませんから、彼女のそういうケアをしている方が、どこか(案外近所?)に、いるのかもしれません。

 こういうポーズも何らかのボディ・ランゲージかもしれませんが、その意味もナゾ。

Hako

|

« 猫ロゴクッキー! | トップページ | 猫@フェーヴ »

コメント

ノミかと思いました。ノミは・・猫に限らず人間も噛みに来るから困ります。あのかゆみは耐えられないです。一緒に布団で寝るからその間に噛まれてしまうんですね。
はこねこへディちゃん・・・むっちゃ可愛いです。

なかなかニャンコが居ると遠出は出来ませんが、蔦谷Kさまはどこかお出かけ予定がありますか。
わが家は家を拠点にまったりとする予定です。出来ればその間に指人形が出来れば・・・と思っています。

投稿: ダウナー | 2009年4月30日 (木) 10時37分

ダウナー様、ノミにくわれたかゆみって、蚊に食われたときの比ではないですよね~

また猫らにとっては、条虫などの寄生虫を媒介する厄介な存在なので、駆除は大切ですよね~

GW中は、やや遠出で、ちょっと水戸に出かけてきますが、それも猫的な理由から。水戸芸術館のツェ・スーメイの展示、http://www.arttowermito.or.jp/art/modules/tinyd0/index.php?id=6
中でも「不眠症の治療」という作品を見たいのです。猫の写真と猫の喉を鳴らす音を用いた現代美術作品ですって。

帰ってきましたらレポート掲載しますが、5月10日までですので、ご興味ある方は、ぜひ。

連休を毛フェル作品作りで、というのは嬉しいです。完成したらご披露くださいませね。

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年4月30日 (木) 17時46分

へディちゃん、アブラムシさんがつくくらいおいしいのにゃあ♪(*^m^)
蔦谷Kさんは農薬使ってないでしょ?
お野菜の虫ってどうされてますかぁ?
家も虫さんがすごく多くて・・・(室内の窓際においておいてもどこからくるのかアブラムシさんがついてるにゃ・・・)結局虫さんのごはんに「どうぞ」ってあげることが多いのにゃあ・・・
ミルクをかけてみたこともあるんだけど、全然ダメダメにゃあ!
やっぱしお手々でつぶすのにゃあ?
何かいいものがあったら教えてくださぁい♪
・・・ってにゃんこと全然関係ないお話ごめんにゃあ。
水戸のお話楽しみにゃあ。

投稿: Gavi | 2009年4月30日 (木) 20時43分

Gaviさん♪

>へディちゃん、アブラムシさんがつくくらいおいしいのにゃあ♪(*^m^)

「お前は野菜か」とツッコミを入れたくなります。Gaviさんもきっと美味ですから、外歩きをした時に、アブラムシにつかれないように気を付けてくださいませね。

農薬、使っていません。だから虫には悩まされますよね。当家では、竹酢液を薄めてスプレーしたりしますが効いているのかいないのか。もっと効果的な使い方があるのかもしれませんが。
木酢液は使ったことがないのですが、あっちのほうがいいのかもしれません。

>結局虫さんのごはんに「どうぞ」ってあげることが多いのにゃあ・・・

うちもそういう感じですよ~
水菜とか、冬場はアブラムシが少ないからいいですが、春になってくると、細かい葉の一つ一つから、完全に虫を洗い流すのは至難の技で。茹でれば虫は完全に落ちますが、サラダなど生で食べるときは、虫を取り除ききっていないだろうな、と疑いを持ちつつ食べています。
胡麻入りドレッシングなどをかけて、もしアブラムシが残っていたとしても「きっと胡麻粒だろう」と自分を納得させるような工夫もしています。
これがホントのごまかし、なんちゃって~

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年4月30日 (木) 23時27分

季節になると、ノミ配給所があちらこちらに開設されると
もっぱらの噂ですが、我が家のぽち子さんの、異常にせまい
縄張りには配給所が開設されない模様で、ありがたいことに
もらってきません(笑)

子猫時代に、まだもっと遠くに出掛けてた頃は、
ノミ屋のおじさんに(おばさんかしら)もらってきて、
恐ろしいほど痒くなった事もありますが・・・。
猫生11年、最近はさっぱりです。

ヘディ猫さんのその悩殺ポーズ、たまりませんね。
おなかなでなでしたいですよ!

投稿: あきぽん | 2009年5月 1日 (金) 01時31分

あきぽん様、そうか~ 外歩きしても、その範囲内に「ノミ配給所」がなければ、もらってくることがないのですね。それは幸いでした♪

>ヘディ猫さんのその悩殺ポーズ、たまりませんね。
>おなかなでなでしたいですよ!

本猫は弛緩しきっているのだと思いますが、しかしこのポーズでリラックスできるのだろうか…、と心配になります。首なんてへし折れているくらいの角度ですよね…

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年5月 1日 (金) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524023/44820815

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い虫がつかない猫:

« 猫ロゴクッキー! | トップページ | 猫@フェーヴ »