« 猫の“ごろごろ”@現代美術 | トップページ | 子猫が産まれたのですって!@本郷 »

2009年5月11日 (月)

猫毛@深大寺

Bonbori_3  日曜日、新作猫毛作品のロケ撮影をしに、神代植物園へ
 折にふれ、何かというと行ってますね、神代植物園、深大寺

 撮影後は深大寺門前の玉乃屋さんに寄り、ビールと蕎麦です。頭上を見上げると、そこは緑の屋根。今時期は、胡麻つゆ蕎麦があったので、それを注文。

Sobaneko 蕎麦は、来た途端に一気呵成に食べてしまったので、写真はありません… そんなわけで猫毛作品は、蕎麦湯の湯桶と記念撮影をば。

|

« 猫の“ごろごろ”@現代美術 | トップページ | 子猫が産まれたのですって!@本郷 »

コメント

懐かしいですね、深大寺そば。
あの小さな景色と、そして味・香。
ややこやしい道で迷ったのも思い出です。
ネコも暮らせそうな東京ですね。

投稿: くろ | 2009年5月13日 (水) 21時06分

くろ様、東京人である当方にとっても、深大寺は「懐かしい」ところ。都民は小学生時代の遠足で行くことが多いので、幼いうちにその景色が刷り込まれるせいでしょうか。

広い寺域と鬱蒼たる森には、自分が見たこともない、昔の武蔵野の面影を感じるようです。

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年5月13日 (水) 21時31分

昨日、自転車で散歩(ポタリング)しつつ、深大寺に行ってみました。
今回が初めてなので参道をうろうろしただけで、残念ながら植物公園には行けませんでしたが、次回にはぜひ行ってみたいですね。
ちなみに、お昼は「門前」の麦とろご膳。そばもついていて、参道の影にいた猫を見ながらのんびりさせていただきました。

何度でも行ってみたいスポットですね。

投稿: damian | 2009年6月15日 (月) 10時38分

damian様、

>何度でも行ってみたいスポットですね。

同感です~ そして奇遇にも、当方も、昨日行ったのでした、深大寺。当方が行ったのは、いつも通り「玉乃屋」さんでしたが。

以前行ったときに見た猫「はなくろ」かな?と思う猫が居ました。外猫で、しかも長毛ですからナチュラルドレッド化していて、猛烈にブラッシングしたくなりました。今度からブラシもちう歩こうかしらん?
(しかしそういう「猛烈」さは、猫に鬱陶しがられるでしょうが)

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年6月15日 (月) 22時39分

あら、同じ日に行っていましたか。
蔦谷さんが記事にされていたらくやきのお店は「門前」の隣くらいにあったありましたよね。このお店の中もぐるっとまわってみて、酒器も手軽なのがあったし、自分で絵付けもできるということなので、またの機会が楽しみです。
「玉乃屋」さん、今度はぜひ、行ってみます。

投稿: damian | 2009年6月16日 (火) 23時43分

damian様、またの来深(?)、楽しんでくださいませ。
植物園とお寺さんの周辺まで範囲を広げても、面白いところがいろいろありそうですね。
良いところがありましたら、ぜひお知らせくださいませ。

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年6月16日 (火) 23時52分

昨日、あるイベントに参加してきたのですが会場においてあったチラシに猫が・・・
映画「私は猫ストーカー」(公式サイト:http://nekostalker.jp/)

谷中、根津、千駄木(通称:谷根千 やねせん)を中心に撮影されているということで、この近辺に住む猫が出演?しているそうです。
7/4からロードショーということで、イベントもいろいろあるみたいですね。
公式サイトで見られる予告編にもワサワサと猫がでてくる・・・
うーん、猫をストーカーする時代になったのか・・・?

投稿: damian | 2009年6月26日 (金) 10時52分

damian様、そうそう、浅生ハルミンさん原作でね、映画化聞いてましたけど、この夏ロードショーだったのですね。

まあ、当方の場合は「猫ストーカー」じゃなく「猫たわけ」。人様からは、「キャットウォッチャーというよりむしろキャッター」と言っていただいております♪

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年6月28日 (日) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524023/44983707

この記事へのトラックバック一覧です: 猫毛@深大寺:

« 猫の“ごろごろ”@現代美術 | トップページ | 子猫が産まれたのですって!@本郷 »