« 悪い虫がつかない猫 | トップページ | 猫の“ごろごろ”@現代美術 »

2009年5月 1日 (金)

猫@フェーヴ

Feve_2  当家に舞い込んだ、1枚のおしゃれなハガキ。何だか小さくてかわいいものが、きちんと整列して写っていますね。
 そして、やや! 上から2段目・右から2つ目は、猫ではないですか!

 これら1つ1つは、「フェーヴ」という陶磁器製のミニチュア。フランスでは、1月6日に食べるお菓子「ガレット・デ・ロワ(王様のガレット)」の中に、これを入れて焼き込むのが習わしで、ガレットを切り分け、自分のところにフェーヴが入っていた人は、その日の王様として祝福されるとか。多彩なモチーフのものが作られているそうです。

 実は猫毛フェルトを「エキサイト」でご紹介して下さったライターI谷さんは、このフェーヴの愛好・収集家でもいらっしゃいまして、今度「フェーヴの世界展」を開催なさいます。毛フェルにご注目下さったくらいですから、猫好きでいらして、猫のフェーヴも熱心に収集なさっているとか♪
 ということで、ラヴリィな猫フェーヴが手に入るかもしれませんよ! 猫モノを買うのを慎んでいる当方も(え~!うそだぁ、というご意見もおありでしょうが…)、こっそり行ってみるつもりです。

●●● MY CHARM フェーヴの世界展 ●●●
●会期: 2009年5月18日(月)~31日(日)
●会場: アリヴェ デパール 青山本店

<09.5.2追記>
 青山店での展示後、以下に巡回なさいます。お近くの方は、ぜひ。

自由が丘店 6月5日~21日
西宮店 6月26日~7月12日

|

« 悪い虫がつかない猫 | トップページ | 猫の“ごろごろ”@現代美術 »

コメント

わあ、ありがとうございます♪

実は今回猫フェーヴが写真のもの以外にも沢山ありますので、猫好きの方にもご覧いただけたらうれしいなあと、ひそかに思っていたのです。

ちなみに普段猫フェーヴは、本物の猫が悪戯しないように、猫の絵が付いた箱に収納しております*

投稿: Yoshie | 2009年5月 2日 (土) 00時44分

ほう。フェーブですか。初めてききました。素敵ですね。外国はこういう習わしが好きなように感じますね。
きっと一口が小さい方に「ガレット・デ・ロワ」は似合うと思います。
私はベロンゴックン、大口で食べてしまいますから・・・。

投稿: ダウナー | 2009年5月 2日 (土) 08時37分

Yoshie様♪

>実は今回猫フェーヴが写真のもの以外にも沢山ありますので、

耳寄りな情報をありがとうございます!

あ、そうだ! 東京の後、関西でも展示なさるのですよね♪ 関西の皆様のために、その情報も追記しておきます。

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年5月 2日 (土) 11時08分

ダウナー様♪

>初めてききました。素敵ですね。外国はこういう習わしが好きなように感じますね。

素敵ですよね、伝統の行事の中に、暮らしを美しくする小さな愛しいものが取り入れられているの。

日本でも、昔からの行事には、そういうの、ずいぶんあったと思うのですけれどね~ 今はね~
伝統に対するリスペクトを失いたくないですね。
とりあえず近いところで、5日はちゃんと菖蒲湯入っとこう。

>きっと一口が小さい方に「ガレット・デ・ロワ」は似合うと思います。

ウププ! フェーヴ飲み込んじゃったりして♪

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年5月 2日 (土) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524023/44865187

この記事へのトラックバック一覧です: 猫@フェーヴ:

« 悪い虫がつかない猫 | トップページ | 猫の“ごろごろ”@現代美術 »