« ガリ版の猫@熊谷守一美術館 | トップページ | また喧嘩?!@ヘディ猫 »

2009年11月 4日 (水)

河村目呂二の猫@追分コロニー

Kouyou  信濃追分の古書店「追分コロニー」に、河村目呂二の猫作品展「目呂二の追分猫日和」を見に行ってきました。

 追分は紅葉の盛り。東京とは違う鮮やかな色で、目の保養。 会場の追分コロニーの前にも鮮やかな色の木の実を使ったフラワーアレンジが飾られていました。隣に立っているのが、今回の展示の看板です。 Hana

Mero_2

 

 

        展示の会場は、店内奥のギャラリー。その入り口に掲げられた、目呂二の言葉が印象的です。曰く「…私は犬や馬の裡に人間を見、猫の裡に神を見るのである」。

 作品、どれも素晴らしかったです。著作権的な配慮から画像は載せませんが、ご興味ある方は今回の監修・構成を手掛けた「セミーノデザイン」サイト内の「河村目呂二ライブラリィ」で、作品の一部をご覧になれます。
 また、メールマガジン「猫のおきて」では当方の、目呂二作品への鑑賞記を書いていますので、どうぞご覧くださいませ。

Furuhon  展示を見終わって外に出ると、辺りは霧に包まれていました。
 ちなみに追分の路傍には、このようなものが数か所にあるのですが、これは屋外書棚です。

Bunko

   

  

        誰でも自由に利用できる青空文庫なのでした。ナイスな古書店といい、路傍の書棚といい、読書環境の豊かさを感じます。文人墨客に愛された土地柄、さすがです。

●目呂二の追分猫日和●
会期:2009年10月29日(木)~11月8日(日) ※11月4日(水)は休館
12:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場:古書 追分コロニー
〒389-0115長野県北佐久郡軽井沢町追分612 (堀辰雄文学記念館 斜め前)

 そして、現場で嬉しい偶然がありました。
 いつも猫的にお世話になっている「キャンプ猫Gavi」さんの御主人、Gavi主さん御夫妻も、目呂猫をご覧になりにいらしてたんですよ。近くのキャンプ場に御滞在だったのでした。
 Gaviちゃんももちろん一緒にキャンプにいらしてたんですけど、このときは、お車の寝袋の中でお昼寝中で、お目にかかりませんでしたが。

 いやー、猫縁ですねえ。招き、招かれます♪

|

« ガリ版の猫@熊谷守一美術館 | トップページ | また喧嘩?!@ヘディ猫 »

コメント

とてもすてきな展示会お教えいただきありがとうございました。
猫本位制の生活に移行してからは人間の文化に触れる機会が少なく(笑)とても豊かな時をすごさせていただきました。
追分コロニーさまでも買いそびれていた本をみつけお安く購入できまたそれも(* ̄ー ̄*)

ホントにお会いできたのには!!(゚ロ゚屮)屮でした!
Gaviもお会いできればよかったのですが(笑)

投稿: Gavi | 2009年11月 6日 (金) 20時51分

Gavi主様、本当、当方もびっくりしました! お話できて楽しかったです♪
当方、今回は展示作品を見ているうちにえらく時間が経って、古書を拝見する時間がなかったのが残念です。
また行きたいと思います!
目呂二、面白かったですよねえ。
他の作品も見たくなりました!

投稿: 蔦谷耕書堂 | 2009年11月 9日 (月) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524023/46668933

この記事へのトラックバック一覧です: 河村目呂二の猫@追分コロニー:

« ガリ版の猫@熊谷守一美術館 | トップページ | また喧嘩?!@ヘディ猫 »