« 『猫の本と古本と雑貨』フェア@ヒナタ屋 | トップページ | 貓貓博士夫人写真展in世田谷 »

2010年3月18日 (木)

ヘディ猫と勤労意欲の関係

 夜なべ仕事をしていると、背後から聞こえてくる「にゃー」の声。
 聞き流して仕事を続けていると、また「にゃー」。
 仕方ないのでそちらに視線を向けると、ヘディ猫がこんな感じで見ていました。

Rimg6476_2  そりゃ、仕事なんてうっちゃって、もう寝ようか~、て感じになりますよね。

 こんなわけですから、ヘディ猫のいない環境下で仕事している人に比べて、当方はかなり負荷の高い環境下で働き続けていると言っても、過言ではありますまい。

 はかどらないイイワケ(って誰に?)ではありません。

|

« 『猫の本と古本と雑貨』フェア@ヒナタ屋 | トップページ | 貓貓博士夫人写真展in世田谷 »

コメント

蔦谷さん、ヘディちゃんにこんな格好でにゃーって言われたらそれはもう立派な言い訳に違いないですよ。
ウチは夜なべ@コタツなので、遅くまで付き合ってくれる猫はいつも足元で伸びておりますが…

ところで先日、こんな文庫本を購入しました。
(URL長くて済みません)
http://www.amazon.co.jp/%E7%8C%AB%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%81%AE%E7%8C%AB%E3%81%9F%E3%81%A1-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8D%97%E9%87%8C-%E7%A7%80%E5%AD%90/dp/4344414373

書店で子供がどこからか「ピンク♪」と持ってきたのがこれです。背表紙しか見えてなかったみたいなので、帯がピンクで気に入ったんでしょうね。

何気なく受け取ると、なんと猫的な本でしょう!
しかも平成22年猫の月の新刊ですよ。
きっと猫の神様の思し召しだ…と思い、即買いしました。
この連休で読んでみます!

投稿: ごましお | 2010年3月19日 (金) 12時42分

ごましお様、夜なべ御同輩ですね~♪

Mちゃん、さすが猫的なご本をチョイス!キャットシッター南里さんのご本ですね!高円寺書林で拝見しました。でも読んではいないので、面白かったらお知らせくださいませ。

投稿: 蔦谷K | 2010年3月19日 (金) 13時37分

「猫の森の猫たち」読みました。
キャットシッター南里さんの著書は初めてでしたが、親しみやすい言葉で(しかも猫の話だし)おもしろかったですよ~。
エッセイにしては実用本の様でもあり、やはりプロとして単なる猫好きとはまったく違った視点から猫の幸せを考えていらっしゃるんだなと、思いがけず勉強になりました。

自分に何かあって猫のお世話ができなくなったら?
仮想でしかありませんが、幾つかの選択肢のある現代を生きる私は幸せだなと思いました…。少なくとも路頭に迷わせることなく天寿を全うさせてあげられると思いますので。

南里さんの他の本も読みたくなりましたよ。

投稿: ごましお | 2010年3月23日 (火) 18時16分

ごましお様、御感想お知らせありがとうございます! 当方も読みたくなりました。他のご本も「あお♪」や「みどり♪」のスカッとした装丁ですよね。

>自分に何かあって猫のお世話ができなくなったら?

それはひとりものの当方には切実な問題です。
ヘディ猫を当家に完全にとり籠めてしまわないのも、実はそれも理由のひとつだったりして…

>幾つかの選択肢のある現代を生きる私は幸せだなと思いました…。

そうですよ~ 身軽に動ける「猫的にフリーな立場」のごまいも様もおいでになりますし♪

ともあれ、自分が元気で猫のためにあれこれできるのが、猫にも自分にも最もよいことですので、お互い、まずは健康第一で暮らしましょう!

投稿: 蔦谷K | 2010年3月23日 (火) 19時40分

ヘディ猫のこの目つき、やっぱり「魔性の女」!

『もっと猫毛フェルトの本』見ました。「優雅で無頼」というのは、ヘディ猫にぴったりな表現ですね。

投稿: まぬ | 2010年3月24日 (水) 01時20分

まぬ様、ありがとうございます! ヘディ猫は、本当に視線が印象的な猫です。
古き佳き時代の映画女優ヘディ・ラマールからの命名かとおっしゃって下さった方がいらっしゃいましたが、本当にその時代の女優のようです。

投稿: 蔦谷K | 2010年3月28日 (日) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524023/47847342

この記事へのトラックバック一覧です: ヘディ猫と勤労意欲の関係:

« 『猫の本と古本と雑貨』フェア@ヒナタ屋 | トップページ | 貓貓博士夫人写真展in世田谷 »