« 5月15日の公演アンケートにご協力を♪ | トップページ | よい子はまねをしないように@ヘディ猫との同衾 »

2010年5月18日 (火)

アポーツ?@赤猫手拭い

Rimg7146_2  先日上演した猫毛劇『吾輩は漱石の猫である』で、「踊る猫」の演出に赤い手拭を使いました。
 手拭をバンダナ代わりに使うことが多く、結構持っていた当方。しかし、毛フェル劇に使おうと思い立ったとき、「赤い手拭」はありませんでした。藍とか浅葱色のばっかりで。

 でも、やはりここは「赤」でないと、と思っているうち、別な買い物をしに行った折に赤い豆絞りの手拭を発見。さらに、実家に帰った折、抽斗の中で梅の柄の赤い手拭を発見。
 「よーし、これで上演に赤い手拭が使える」と臨んだ公演当日。

Rimg7148_2  来てくれた友人知人からのお土産、差し入れの中に、なんと2枚の赤い手拭(しかも猫柄)が!
 左は老舗出版社S文堂S光社のT橋さんから、右は当方の伯母から。

 左は広げるとのびーっとなっている猫の柄で、右は、上から見ても下から見ても招き猫、という柄。
 どんどん集まる赤手拭。
 うーむ、これがアポーツってものでしょうか。

 因みにT橋さんからのは「バリバリキャット」製、伯母からのは「かまわぬ」製。お気に召された方、どちらも通販でも購入できるそうです。

|

« 5月15日の公演アンケートにご協力を♪ | トップページ | よい子はまねをしないように@ヘディ猫との同衾 »

コメント

猫柄手拭、手ぬぐいブームで急増してますよね!
和雑貨のお店で見かけるとつい欲しくなって~☆

やっぱり猫はなごみ系の柄に最適ですからね。

和柄でちょっと思い出しましたが
出産祝いや安産祈願などに使われる「犬張子」。私、自分が出産するまでずーーーっと「猫」だと大勘違いしておりました…

そしてうちの子供も犬張子を見て「猫さん」と言ってます。まだ説明しても?のようなのでそのままに…って、親と同じ道を歩んでしまいそうですが。

投稿: ごましお | 2010年5月19日 (水) 12時25分

ごましお様、猫手拭い、当方のもとにも結構ありました。国芳の「猫飼好五十三疋」柄の藍染のヤツとか♪ 今回さらに赤系充実。

犬張子、もう猫ってことにしましょう!(だめ?)
あと、お雛様の犬筥も(やっぱだめ?)

投稿: 蔦谷K | 2010年5月19日 (水) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524023/48390737

この記事へのトラックバック一覧です: アポーツ?@赤猫手拭い:

« 5月15日の公演アンケートにご協力を♪ | トップページ | よい子はまねをしないように@ヘディ猫との同衾 »