« 雪国遠征です | トップページ | 毛フェル座富山遠征レポート その2 展示 »

2011年2月 1日 (火)

毛フェル座富山遠征レポート その1 到着

Rimg0002  これは、一体何でしょう?






Rimg0003  新幹線の窓についた、氷のかけらなのです。

 先週末、富山県魚津市で行なわれた「にんぎょうinシアターミラージュ2011」に、我ら世界の毛フェル座も参加させていただいてきました。我らは29日(土)の公演なので、前日の28日の金曜日の夜に現地入りすることにし、東京駅を18時過ぎに出発。そんなわけで、夜の上越新幹線の窓がこんな具合だったというわけ。

Rimg0004  魚津の駅に着いたのは、夜の10時ちょっと前でした。
 駅前に出ると、大きな三角形の灯りが夜の闇を照らしていました。夏のお祭りで引き回される魚津独特の「たてもん」という万燈のオブジェです。

 ホールの方が迎えに来て下さって、宿舎↓へ。
Rimg0011  大きな2つのきのこのように見えるのは、玄関前の門柱。きのこの傘のように見えるのは、積もった雪です。

 「雪すごいね~」と大喜びの座員一同ですが、この雪によってやがて大きく翻弄されることになるとは、この時はまだ気づいていませんでした。

 って今回、画像も文章も、ひとかけらも猫的じゃありませんね。

|

« 雪国遠征です | トップページ | 毛フェル座富山遠征レポート その2 展示 »