« 毛フェル座富山遠征レポート その7  雪中・車中・渦中の毛フェル座 | トップページ | 猫チョコもらいました♪ »

2011年2月11日 (金)

毛フェル座富山遠征レポート その8  富山行ったんだよね?

 代行バスで長岡駅に到着。新幹線の指定席をとっていた我らですが、ダイヤの乱れから予定の列車には乗れていません。そこで問い合わせたところ、「指定席分の料金を払い戻すことはできない。ただしこれからの列車の指定席に振り替えることはできる」との由。が、ダイヤの乱れから新幹線も混んでいて、席が取れるのは1時間半後の列車とのこと。
 でも大丈夫。酒を飲んでいれば1時間半など何でもありません。夜までに東京に帰れることも確実となり、当方の関心はすでに「どこで飲むか」、店の選定にありました。

 今回の遠征での食事はここまで、駅弁→喫茶コーナーのトーストセット→唐揚げ弁当→懇親会でのつまみ→魚津駅前の喫茶店のぺペロンチーノという有様です。そういうことに頓着しない人には何でもないことでしょうが、「食に於ける旅情」を重視する当方にとって、日本海側を離れる前に何とか「それらしい食い物」にありつきたい気持ちは、「飢餓感」と言えるほどになっていました。うっかり入った店に「肉じゃが」や「ソーセージ盛り合わせ」しかなかったら、暴れ出しかねません。

 しかしそうは言っても予定外の長岡。下調べもないし、駅からそう離れることもできません。
 こういうときは地元の情報が何よりです。そして、店の探索にひとり駅前に出た当方の背後から、ラッキーにも「寒いね~」「きゅーっと行きたいよね」という会話が聞こえてきました。こういう会話をする人たちは酒好きに違いなく、またとない情報源です。
 当方はくりっと振り返り、今の会話の主に「すみませんが」と声をかけました。若者三人連れは、いきなり話しかけられ、怪訝な表情です。「駅の近くで、きゅーっといけるようないい店はないでしょうか。新幹線まで間があるので、飲んで時間調整しようかと思って」と言うと、大きなバッグを下げた当方のなりを見て納得し、酒飲み同士の親近感から「それはいい考えですね」と笑顔に。「せっかくなので、新潟っぽいものがいいなと思って」と当方が言うと、「ああ、地酒とか」「じゃあ○○は?」「あそこあったっけ」と協力的に協議してくれて、結果、幸い駅ビルの中の「あさひ山」がなかなかおすすめということで、お礼を言って駅に戻り、そこに入ることに決めました。
 寺泊港水揚げの刺身を肴に、朝日酒造の酒で喉をうるおした一行。自然笑みがこぼれ、当方も暴れ出さずに済み、中でもプロフェルド・ユキノブは、この遠征中最も満足げな表情でした。
 その後、新幹線が当方らを無事東京まで運び、そこでまた飲んで、最後は新宿駅からこの店がなくなるようなことになったら絶対に暴れてやる!と思っている店「ベルク」で飲んで打ち上げで、お疲れ様でした!
(暴れなくていいように、ベルクが新宿駅<正確にはルミネ>からなくならないための署名ページをご紹介しておきます。ご賛同頂ける方、ぜひご協力を!)
 というわけで毛フェル座富山遠征のご報告はここまで。

Rimg0066 因みに帰京後、この写真を見せた友人と、
「これは何?」
「佐渡いかの沖漬」
「これは?」
「えごねり」
「このお酒は?」
「こっちが久保田でこっちが千寿」
「新潟行ったんだっけ?」
「ううん富山」
「?」
 という会話がなされたことを、後日談として付け加えておきます。ちゃんちゃん!

|

« 毛フェル座富山遠征レポート その7  雪中・車中・渦中の毛フェル座 | トップページ | 猫チョコもらいました♪ »