« 体験参加者、好演でした@世界の毛フェル座第8回公演 | トップページ | 思わずヘディ猫を確保しました! »

2011年2月23日 (水)

『猫毛愛』朗読会で明らかになった黒猫「ち」の真実&チャリティ報告

 猫の日が終わり、2月も残りわずかですが、さてこの前の土日、高円寺で猫的イベントを2つ行いました。一つは、前の記事でもご紹介したお馴染み毛フェル座公演で、もう一つは初の試みである朗読会
 その朗読会が、いやー、良かったんですよ!
 「この人なら」と見込んで当方の大学時代の先輩に朗読をお願いしたのでしたが、期待以上でした! 朗読ってなかなか人が集まらないのですが、居合わせた方、ラッキーだったと思います。当方自身、自分の文章なのに、「こんなに良かったっけ?」と思いましたもん。本当に、いい宵になりました。

 この宵は、朗読の他に『猫毛愛』についての「質疑応答」もあり、その中で黒猫「ち」の命名の由来などを尋ねられまして、それは『猫毛愛』に収録はしていないのですが、メルマガ「猫のおきて」第2回で述べておりますので、ご興味ありましたらそちらもご覧ください。
 また現場では、『猫毛愛』の中でも言及している、黒猫「ち」とデュボネのラベルの猫の類似についてもその実態を御披露いたしました。こちらと毛フェルブログ上でもちらちらご覧いただいてきましたが、現場でラベル現物と写真を比べてご覧いただき、「ええっ!」と驚く方続出。
Photo  もう類似じゃなく酷似って言っちゃいましょう。だって、こんななんですよ!

 そして遅くなりましたが、チャリティ報告です。昨年暮れのクリスマス福袋の売上金、猫の日を期してキャットシッター南里さんの「猫楠基金」にチャリティいたしました。御報告詳細は毛フェルブログでアップしていますのでご覧くださいませ。

|

« 体験参加者、好演でした@世界の毛フェル座第8回公演 | トップページ | 思わずヘディ猫を確保しました! »