« 『猫毛愛』朗読会で明らかになった黒猫「ち」の真実&チャリティ報告 | トップページ | 油断せず、浮足立たず、猫を抱いて »

2011年3月11日 (金)

思わずヘディ猫を確保しました!

 強く、そして長い揺れでした! 今でも断続的に余震があるくらいです。マグニチュード8.8という数字、化け物です。

 地震のとき、家に居て仕事してました。ヘディ猫は昼寝の時間帯で、いつものように寝床の羽根布団の間に挟まっていました。当家は、四隅を柱に囲まれたところに寝床を設けていて、上に家具もないため物も落ちて来ず一番安全な場所なので、当方もヘディ猫のいる寝床に行き、頭にクッションをかぶりました。
 最初は眠り続けていたヘディ猫も、長い揺れなので、そのうちに起き出しました。私は彼女に覆いかぶさり、「まだ出ちゃだめ」と確保しました。彼女は特におびえた様子もなく、確保されるままになっていました。
Rimg0068 その後、随分長く余震がありましたが、その間、ヘディ猫にはケージに入っててもらいました。にゃーって不満そうに鳴かれました。
 東京は、交通マヒはあるもののその後状況は落ち着いているので、当面避難する必要もないので、ヘディ猫は、室内で自由にしています。とりあえず、ケージとフードはすぐに携帯できるようにしています。実家に電話して、人間家族も黒猫「ち」も「ゆきちゃん」も変わりないことを確認しました。

 東北のほうは、津波や火事で大きな被害が出ているのをニュースで見て、案じています。どうか人も猫も(こんなときに猫のことなど不謹慎な、なんておっしゃらないでください)、どうか御無事に。

|

« 『猫毛愛』朗読会で明らかになった黒猫「ち」の真実&チャリティ報告 | トップページ | 油断せず、浮足立たず、猫を抱いて »