グルメ・クッキング

2011年2月16日 (水)

「ち」的お酒もあります@19日の朗読会

Rimg0011  こちら、フランス産の食前酒「デュボネ」のラベル。
 このラベルの猫が実家の黒猫「ち」にそっくりということで、拙著『猫毛愛』の「黒猫は皆似ている、ような気がする」に登場します。
 ワインに香草などを漬け込んで熟成させたふくよかな甘味で、きりっと冷やしてソーダや水でちょっと割って飲むとおいしい、当方も好きなお酒です。

 このデュボネ、実は現在、日本の正規代理店が取り扱いを中止し、並行輸入品のみとなって入荷が不安定。洋酒に強い○伊国屋でも○城○井でも買えないのを先日知ってびっくりしました。今や入手困難な稀少酒になってます。

 しかーし! ふっふっふ、ご安心(?)ください。19日の夜の『猫毛愛』朗読会では、高円寺書林さんのお骨折りで、このデュボネもご用意! それに猫的ワインのガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデも、白とともにロゼもご提供。
 猫的お酒も楽しんで頂ける朗読の宵、ぜひおいでください。

●『猫毛愛』朗読会●
・19日(土)18:00~、茶房高円寺書林
・入場無料(ただしカフェのオーダーをお願いします)
・予約優先
・ご予約は
bon-neko@mbi.nifty.comまでメールにて

 ちなみに。
 当方が「掛け値なしに『ち』にそっくり」と書いたこのラベルは、2代ほど前のデザインで、現在は違う絵になっています。さてそれはどんなラベルか。ぜひ現場でお確かめ下さいませ。

|

2011年2月15日 (火)

猫チョコもらいました♪

Rimg0092  昨日は、ある方面では2月のメインイヴェントであるバレンタインデーでしたが、また雪が降ってびっくりでしたね。とはいえ東京の雪は富山に比べれば知れたものですが。
 さて、当方ももらいましたよ、猫チョコ♪ 19日の『猫毛愛』朗読会の打ち合わせ@中野牛の四文屋にて、毛フェル座女優の青柳ササミから。
 ゴンチャロフの「キャッツストリート」。さすが猫的です。ありがとうっ!
Rimg0093  ひとつひとつにプリントされた猫顔は、ニューヨークのダウンタウンに住む猫たちのキャラクターという設定。
 因みに当方は今年、チョコ2つもらいました。もうひとつはS文堂S光社(←これならもう実名でいいんじゃ…)のT橋さんから。そちらは、「パッケージが好きなので」という西荻こけし屋のもの。ありがとうございました!

 それにしてもチョコレートもらうの、嬉しいもんですね♪ 世の男性が一喜一憂するその実感が、少しわかったような。

|

2011年1月18日 (火)

猫ごころと、うまいもの沢山の農家

Rimg0002  青年は、彼女をその腕に抱きしめた。




Rimg0003  しかし彼女は、巧みにその腕をすり抜けていく。









Rimg0005 そして、彼の手の届かないところから、思わせぶりな視線を投げかけるのだった。


 という、その彼女の名前はハンちゃん。
 猫らしく、人間の思い通りにさせてもらえない感じが素敵です♪

 大豆の栽培でお世話になっている農家様、「みやもと山」に去年、雄の飼い猫が雌猫を連れて来て、その猫が生んだ姉妹の一匹です。
 先日、大豆の脱穀でお邪魔したときに御対面しました。

 農作業の後は宴会で、この日もおいしい料理が沢山並んでました。前日、上の青年、長男のコユルさんのお誕生日ということで、お赤飯も。もち米ももちろん自前です。当方、実はおこわってそんなに…という感じだったのですが、いやこれは旨かった。「お赤飯ってこんなにおいしかったっけ?」と思ったですね!

 みやもと山はアースデイマーケットの常連ですし、その他にも都内の農家市に出張っておにぎりやお味噌など販売することがありますので、お見かけの際はぜひ! 出店予定などは、ブログ「みやもと山のふみちゃんです」で告知なさってます。
 どれを召し上がっても、間違いなくおいしいです。

|

2011年1月12日 (水)

猫的七草粥

Nanakusakayu_2 前の記事で「新年あけまして」と書きましたが、ようやく本当に「あけた」感じがするのは、今日当家の通信環境が復旧したからでございます。新しいモデムに変えたらなおりました。

 さて、そんなわけで、久々の自宅からの更新。写真もどんどん入れられますので、まずは今年の当家の七草粥を御披露します。
 ゆでた七草を刻んでから、お粥に混ぜ込まず、猫型にしてのせてみましたが、猫だか犬だか…。白菜のお新香とちりめん山椒は自家製です。

 忙しいと料理できずに、バナナ、豆腐、ちくわなどをそのままかじりつつ仕事してたりしますが、今年はできるだけ、ちゃんとしたものを食おうと思っております。

|

2010年12月24日 (金)

ちビスケとともにクリスマス

Rimg0021  24日でございます。
 クリスマスイヴに向けて浮き足立つ世間もあるのでしょうが、当方にはただ「今年最後の毛フェル座公演の前日」。小道具のチェックに看板の準備など、地味な下働きにいそしむ日です。

 そんな当方にゴホウビのように届いたのがこちら。

Rimg0026  箱を開けると出てきたのは「ちビスケ」クリスマスバージョン!
 すっかりお世話になったキトゥンカンパニーさんからのクリスマスギフトでございました! サンタの帽子が良く似合って♪ 嬉しいなあああああ! ありがとうございます!

Rimg0022  キトゥン家の長女様からのメッセージがまたラヴリィ♪
(ほんとはお名前サインもあったのですが、個人情報的な配慮から秘しました~)

 冬は、暖かなお心遣いが身にしみる季節です。
 人も猫も、よいクリスマスを!

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

ちビスケ登場@猫毛祭りin京都

Dscn1989   ヘディ猫さん、『猫毛愛』で表紙なさったんですってね
 ふーん。

 でも、ふふっ。

 あちらはご自分1匹分だけだもの。

Chi


 ワタシ、黒猫「ち」なんか、ほら!

Chibisuke








 あ、違った、ほら!


 どう? こんなに何匹もで、貢献してるんだから!

 猫毛祭りin京都の会場、キトゥンカンパニーさんが「こねこビスケ」の猫毛祭りオリジナルバージョンとして、作ってくださったその名も「ちビスケ」♪ かわいくって、おいしそうでしょう? もちろんおいしいんだから!

 今週末の毛フェル座公演で、お目見えします♪ ちビスケは、じゃなかった、観覧申し込みは、早い者勝ち♪

 ちなみに、猫毛祭りin京都には、こんな焼き菓子もお目見え中。

| | コメント (2)

2010年3月29日 (月)

猫的ティータイム

Rimg6532  文やら物やら作る作業では、脳に糖分を補給するのはとっても大切。
 というわけで、猫模様のティーカップで、忙中閑ありのティータイム。
 

Rimg6535  お茶の友はこちら。

 サクラベーカリーの、猫サブレ、じゃなくて「豪徳寺サブレ」。 前作に続き、『もっと猫毛フェルトの本』でお世話になったクレロンの飼い主で猫アクセ作家のゴトウユキさんにいただきました。

 ソーサーに載せたので大きさの見当がつきましょう。掌が隠れる大きさです。
 「クッキー」や「ビスケット」でなく、「サブレ」というものは、やはりこれくらい立派に大きくないと、と思ってしまうのは、「鳩サブレ」による刷り込みでしょうか。

Rimg6537  さて、お茶が終わったらまたひと働き。
 因みに、お茶を飲み終わると、別の猫の姿も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

猫毛@深大寺

Bonbori_3  日曜日、新作猫毛作品のロケ撮影をしに、神代植物園へ
 折にふれ、何かというと行ってますね、神代植物園、深大寺

 撮影後は深大寺門前の玉乃屋さんに寄り、ビールと蕎麦です。頭上を見上げると、そこは緑の屋根。今時期は、胡麻つゆ蕎麦があったので、それを注文。

Sobaneko 蕎麦は、来た途端に一気呵成に食べてしまったので、写真はありません… そんなわけで猫毛作品は、蕎麦湯の湯桶と記念撮影をば。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

猫ロゴクッキー!

Petit20090403_013  またまた、猫的食品のご紹介です。今回の作り手は当方でなく蒲公英様
 当「猫おき」の姉妹ブログ「猫毛フェルトの部屋」で展開中の「チーム猫毛」の会員様で、なんとその「TEAM.NEKOKE」のロゴ入りのクッキーを作ってくださったのです!
 猫的製菓部も展開?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

猫的カレー

Pict0030  この、見るからに家庭的なカレーは、実家のカレー。
 何も考えずに皿によそったら、何やら猫的な様子。
 いやー、世の中のあちこちに猫的意匠が隠されていて、油断ならないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)