身近な猫ら

2011年3月17日 (木)

今日から開催、猫毛ひにゃ祭り@銀座

Rimg0002  あら、当家では、一足早く始まったようです。「猫毛と昔きもの」の展示。
 本日午後から銀座モダンアートで開催です。

|

2011年3月14日 (月)

油断せず、浮足立たず、猫を抱いて

 大きな地震で、東京でもまだ余震がありますが、幸い当方の周囲は皆無事です。
 皆様は大丈夫だったでしょうか。
 報道で被災地の模様を聞くたびに、胸がふさがり息苦しくなるようです。地震も津波も、その後の火事も、遭われた方はどんなに恐ろしかったかと思うと、言葉もありません。どうか、どうか、被害がもうこれ以上広がりませんように!

Rimg0091  今日は天気が良く暖かで、ヘディ猫はいつものように優雅に寝そべっていました。
 その泰然とした姿を見て、こういう時だからこそ、浮足立たずに落ち付いて、でも油断せずに過ごさなければ、と自分に言い聞かせました。

 いろいろな思いが胸に去来しますが、自分自身を含め、人間の愚かさが身にしみました。ヘディ猫に言われたような気がしますよ。「人間、余計なもの作りすぎ、持ちすぎじゃないの?」って。
 本当にそうです。
 地震そのものは自然災害なので不可抗力ですが、日本のようにこんな地震の多い国での原発の危険を、改めて痛感しています。問題多すぎます。

 これからどんなことが起こるかわかりませんし、そんな中で自分にできることはごく些細なことだけかもしれませんが、自分の持ち場でできることをしたいと思います。
 日本の電力の総供給量に占める原子力発電の割合は10.4%。当方の利用する東京電力だと、その割合は約23%
 まずは自分の今の使用電力から、今後は2割減らして暮らせるようにするつもりです。

<2011.3.15 追記訂正>
 上記の記述に誤りがありました。正しくは、「日本の一次エネルギーに占める原子力の割合は10.4%」です。で、電力と一次エネルギーの換算は、とても難しい…のを知りました。現状、よく言われるのは「電力の3分の1は原子力」ですが、そのデータの出典を見つけられませんでした。電力各社の総発電量と、そこに占める原子力発電の割合から算出することができるのでしょうが。
 因みに沖縄電力は、原子力発電はゼロなのですね。

|

2011年2月23日 (水)

『猫毛愛』朗読会で明らかになった黒猫「ち」の真実&チャリティ報告

 猫の日が終わり、2月も残りわずかですが、さてこの前の土日、高円寺で猫的イベントを2つ行いました。一つは、前の記事でもご紹介したお馴染み毛フェル座公演で、もう一つは初の試みである朗読会
 その朗読会が、いやー、良かったんですよ!
 「この人なら」と見込んで当方の大学時代の先輩に朗読をお願いしたのでしたが、期待以上でした! 朗読ってなかなか人が集まらないのですが、居合わせた方、ラッキーだったと思います。当方自身、自分の文章なのに、「こんなに良かったっけ?」と思いましたもん。本当に、いい宵になりました。

 この宵は、朗読の他に『猫毛愛』についての「質疑応答」もあり、その中で黒猫「ち」の命名の由来などを尋ねられまして、それは『猫毛愛』に収録はしていないのですが、メルマガ「猫のおきて」第2回で述べておりますので、ご興味ありましたらそちらもご覧ください。
 また現場では、『猫毛愛』の中でも言及している、黒猫「ち」とデュボネのラベルの猫の類似についてもその実態を御披露いたしました。こちらと毛フェルブログ上でもちらちらご覧いただいてきましたが、現場でラベル現物と写真を比べてご覧いただき、「ええっ!」と驚く方続出。
Photo  もう類似じゃなく酷似って言っちゃいましょう。だって、こんななんですよ!

 そして遅くなりましたが、チャリティ報告です。昨年暮れのクリスマス福袋の売上金、猫の日を期してキャットシッター南里さんの「猫楠基金」にチャリティいたしました。御報告詳細は毛フェルブログでアップしていますのでご覧くださいませ。

|

2011年2月 4日 (金)

久々に、町蔵の近況です♪

Machi  えー、富山遠征の写真に猫的要素が乏しいので、インターバルとして、コネコ時代を当家で過ごした町蔵の最近ショットを。富山レポートとは全然関係ないですけど、Y岡様家から送って頂いたので、皆様に町蔵の近況をお見せしようと載せました♪

 にゃ~ん! なんて立派なしっぽなんでしょう~! 当時は当方の小指より細かったですよ~

 因みに、コネコ時代のまちちの写真は新刊『猫毛フェルト12カ月』にもちらっと載せてます♪

|

2011年1月14日 (金)

初猫傷

Rimg0019  寒中ですが、日に当たって暖かそうです。
 このかたから、頂きました。

Rimg0018  赤い指輪のような傷。噛みつかれた跡です。

Rimg0024  ご丁寧に、掌にも。


 攻撃される理由、別にないと思うんだけどなー。
 いつも、ごろごろ言ってたと思ったら、イキナリかみつくからな。
 付き合いは長いので、そのあたり「あっ、噛みつかれそう!」という呼吸はわかってきたけど、このように、よけきれないときもあります。
 今年は勝率を五割以上に持っていきたいです。

|

2010年12月19日 (日)

もちろんかぶりませんとも

Rimg0001  クリスマスウィーク到来で、毛フェル部屋ブログのトップ画像をクリスマスヴァージョンにしました。
 そのための小道具で作ったサンタの帽子。

Rimg0003
  この方の小さな額にものる大きさなので、ちょっとかぶってもらおうと思ったのですが。

Rimg0002   もちろん、おとなしくかぶったりはしません。かじります。

 世の中には、こういう聞き分けのいい猫もいるのになー。

クリスマスチャリティ福袋販売中

| | コメント (6)

2010年11月25日 (木)

出版記念ワークショップ@ひぐらし文庫

 新刊『猫毛愛』出版記念イベントの第2弾のお知らせです。

 先日猫おきメルマガでもご案内した、雑司ヶ谷の書店「ひぐらし文庫」さんでのワークショップ。
Photo_2  対象は同店で『猫毛愛』購入の方で、作品は猫毛をぎんなんの殻に詰めて作るプチ猫顔。これを1個作ります。とーても簡単なので、手芸超初心者の方にもお勧め。写真ではつけていませんが、ひもをつけてストラップ的にもできます。

 そして、これまで、興味がおありでも「猫毛まわりは女性が多そうだから気ハズカシイなー」と思っていた男性もこの機会はお勧めです。何しろ1回の定員が4名なので、男性がアナタ様お1人で、他の方が全員女性でも、25%は男性が参加している計算になって、猫毛的には男性比率かなり高めです!

 で、通常はご自分の愛猫の毛を持ってきていただくのですが、今回は出版記念限定企画として、元祖おきて提供猫黒猫「ち」、表紙モデル「ヘディ猫」の毛で作ることもできます。
 猫おき登場猫たちをご愛顧くださる皆様も、ぜひこの機会にどうぞ。

・会場:ひぐらし文庫  豊島区雑司が谷3-3-14 TEL03-5944-9968
・12月11日(土)14:00~/15:30~
・参加費:無料

  ただし、ひぐらし文庫さんにて『猫毛愛』ご購入の方(事前も当日も可)
・当日の持ち物:愛猫の毛片手いっぱいほど
  「ヘディ猫」や「ち」の毛で作りたい方は、ご参加申し込み時にお伝えください。
・申込:事前購入の方・本の購入時にひぐらし文庫さん店頭にて(本は今週末には入るのではないかなー)。
    当日購入の方・ひぐらし文庫さんへメールか電話または蔦谷Kへメール。
・メール内容
  件名「猫毛愛ワークショップ申込」
  本文(1)何時の回か
    (2)参加者ご氏名
    (3)電話番号(万一変更などがあった際の、当日のご連絡先)
    (4)使用する猫毛種別(自分の愛猫・黒猫「ち」・ヘディ猫)
  ※複数の冊数を御希望の方は、お書き添えお知らせください。
・申し込み先(いずれかへ):
   ひぐらし文庫  TEL&FAX 03-5944-9968  /  蔦谷K

 界隈には個性的なカフェや喫茶店もありますし、雑司ヶ谷のある「わめぞ」エリアは、元気な書店が多くて注目されているので、ワークショップの前や後の立ち寄りのお楽しみもありますよ。もちろん、鬼子母神へのお参りも。
 師走の小休止に、散策がてらおいで下さい。

| | コメント (0)

ちビスケ登場@猫毛祭りin京都

Dscn1989   ヘディ猫さん、『猫毛愛』で表紙なさったんですってね
 ふーん。

 でも、ふふっ。

 あちらはご自分1匹分だけだもの。

Chi


 ワタシ、黒猫「ち」なんか、ほら!

Chibisuke








 あ、違った、ほら!


 どう? こんなに何匹もで、貢献してるんだから!

 猫毛祭りin京都の会場、キトゥンカンパニーさんが「こねこビスケ」の猫毛祭りオリジナルバージョンとして、作ってくださったその名も「ちビスケ」♪ かわいくって、おいしそうでしょう? もちろんおいしいんだから!

 今週末の毛フェル座公演で、お目見えします♪ ちビスケは、じゃなかった、観覧申し込みは、早い者勝ち♪

 ちなみに、猫毛祭りin京都には、こんな焼き菓子もお目見え中。

| | コメント (2)

2010年11月15日 (月)

ヘディ猫の額眠りと恩寵

Rimg0278  何をしているのかといえば、眠っています。

 こういう格好で、果たして安らかな眠りを得られるのか? と思いますが、他にいくらでも寝る場所があるのに、好きこのんでこうして眠っているのですから、OKなのでしょう。

 まあ、額を何かに押しつけることがとーても好きな猫ですから、このポーズ、最高なんでしょうね。
 そして、前肢を伸ばせるのもいいのかも。
 額を押しつけているのは段ボール箱でありますが、その後ろのたんすにぴったりくっつけて置かず、わずかなすき間があったので、そこに前肢を入れ込んでいるわけです。
 さらに後肢はきゅっと縮めてますね。
 伸ばすと埃だらけの床にくっつくので、それを避けるため、ではないと思いますが。

 そう、埃だらけになっても掃除をする間も有らばこそ、チーム猫毛作品展の準備に全力投入していましたが、ようやく目途がつきました。
 段ボール箱は、猫毛作品を入れて送るためのものであります。
 ヘディ猫のこのポーズは、一見眠っているようでありつつ、実は猫毛作品に恩寵を与えるための儀式であったのかもしれません。
 計り知れないなー、猫。

 チーム猫毛作品展も含め、猫毛祭りin京都、今週土曜日からです。

| | コメント (6)

2010年10月24日 (日)

リクエストにお応えして

Rimg6902  みなさまこんにちは。わたくし、蔦谷Kの「姉の猫」こと「ゆきちゃん」です。大アップのため、目ヤニが目立ってしまうのはご容赦くださいね。
 ちゃちゃーさんからのリクエストにより、現在蔦谷Kの実家にいる、黒猫「ち」さんの様子をお知らせします。

Rimg6922_2  これは夏の画像ですが、「ち」さんと蔦谷Kは、リードをつけて(リードをつけたのは、蔦谷Kではなく「ち」さんです。念のため)家の周りを一周するという散歩をしていました。家の裏にはミヤコワスレの草むらがあり、「ち」さんはその香りを楽しんだりなさっていました。

Rimg6949  また、「ち」さんは真っ黒なので、夏の昼間、日向に長い時間いると、高温のため、「中身」が煮えてしまいます。ですからこのように、日陰で休んだりするのです。

 今回は、「ち」さんのご紹介でしたが、わたくし「ゆきちゃん」をもっと! というリクエストももちろん大歓迎ですので、どうぞお寄せくださいね。いえいえ、対抗意識ではありませんことよ。

 そんな私達ですが、実は近々ある本に登場予定です。
 勿体ぶりますが、発表は今しばらくお待ちください。うふふ♪

| | コメント (2)