猫的飲食物

2011年2月16日 (水)

「ち」的お酒もあります@19日の朗読会

Rimg0011  こちら、フランス産の食前酒「デュボネ」のラベル。
 このラベルの猫が実家の黒猫「ち」にそっくりということで、拙著『猫毛愛』の「黒猫は皆似ている、ような気がする」に登場します。
 ワインに香草などを漬け込んで熟成させたふくよかな甘味で、きりっと冷やしてソーダや水でちょっと割って飲むとおいしい、当方も好きなお酒です。

 このデュボネ、実は現在、日本の正規代理店が取り扱いを中止し、並行輸入品のみとなって入荷が不安定。洋酒に強い○伊国屋でも○城○井でも買えないのを先日知ってびっくりしました。今や入手困難な稀少酒になってます。

 しかーし! ふっふっふ、ご安心(?)ください。19日の夜の『猫毛愛』朗読会では、高円寺書林さんのお骨折りで、このデュボネもご用意! それに猫的ワインのガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデも、白とともにロゼもご提供。
 猫的お酒も楽しんで頂ける朗読の宵、ぜひおいでください。

●『猫毛愛』朗読会●
・19日(土)18:00~、茶房高円寺書林
・入場無料(ただしカフェのオーダーをお願いします)
・予約優先
・ご予約は
bon-neko@mbi.nifty.comまでメールにて

 ちなみに。
 当方が「掛け値なしに『ち』にそっくり」と書いたこのラベルは、2代ほど前のデザインで、現在は違う絵になっています。さてそれはどんなラベルか。ぜひ現場でお確かめ下さいませ。

|

2011年2月15日 (火)

猫チョコもらいました♪

Rimg0092  昨日は、ある方面では2月のメインイヴェントであるバレンタインデーでしたが、また雪が降ってびっくりでしたね。とはいえ東京の雪は富山に比べれば知れたものですが。
 さて、当方ももらいましたよ、猫チョコ♪ 19日の『猫毛愛』朗読会の打ち合わせ@中野牛の四文屋にて、毛フェル座女優の青柳ササミから。
 ゴンチャロフの「キャッツストリート」。さすが猫的です。ありがとうっ!
Rimg0093  ひとつひとつにプリントされた猫顔は、ニューヨークのダウンタウンに住む猫たちのキャラクターという設定。
 因みに当方は今年、チョコ2つもらいました。もうひとつはS文堂S光社(←これならもう実名でいいんじゃ…)のT橋さんから。そちらは、「パッケージが好きなので」という西荻こけし屋のもの。ありがとうございました!

 それにしてもチョコレートもらうの、嬉しいもんですね♪ 世の男性が一喜一憂するその実感が、少しわかったような。

|

2011年1月22日 (土)

猫顔あられ

Rimg0063  あられ、頂きました。世界の毛フェル座の座付作者、おおやまねこ様から。

 食べ物にお天気の名前がついている。「しぐれ」もそうですが、そういう名前、なんだか素敵です。
 猫も、お天気の名前を持つのがいます。寝子爪さん方には、台風の日に保護された、「野分(のわき)」という名の猫も。
 寝子爪さん方の猫たちは、そのほかも「闇慈(あんじ)」「雲珠(うず)」など、素敵な名前を持っております。なんか、引き比べて「ヘディ猫」とか、あんまりその場しのぎで、申し訳なくなりますね(誰に?)。

Arare  ところで、この青海苔あられをぽりぽり食べていたら、ああっ、猫顔発見!

 「ええー、それ単なる凹凸じゃ?」という方、ほら、これ、似てるでしょう~
Kao

|

2011年1月12日 (水)

猫的七草粥

Nanakusakayu_2 前の記事で「新年あけまして」と書きましたが、ようやく本当に「あけた」感じがするのは、今日当家の通信環境が復旧したからでございます。新しいモデムに変えたらなおりました。

 さて、そんなわけで、久々の自宅からの更新。写真もどんどん入れられますので、まずは今年の当家の七草粥を御披露します。
 ゆでた七草を刻んでから、お粥に混ぜ込まず、猫型にしてのせてみましたが、猫だか犬だか…。白菜のお新香とちりめん山椒は自家製です。

 忙しいと料理できずに、バナナ、豆腐、ちくわなどをそのままかじりつつ仕事してたりしますが、今年はできるだけ、ちゃんとしたものを食おうと思っております。

|

2010年12月24日 (金)

ちビスケとともにクリスマス

Rimg0021  24日でございます。
 クリスマスイヴに向けて浮き足立つ世間もあるのでしょうが、当方にはただ「今年最後の毛フェル座公演の前日」。小道具のチェックに看板の準備など、地味な下働きにいそしむ日です。

 そんな当方にゴホウビのように届いたのがこちら。

Rimg0026  箱を開けると出てきたのは「ちビスケ」クリスマスバージョン!
 すっかりお世話になったキトゥンカンパニーさんからのクリスマスギフトでございました! サンタの帽子が良く似合って♪ 嬉しいなあああああ! ありがとうございます!

Rimg0022  キトゥン家の長女様からのメッセージがまたラヴリィ♪
(ほんとはお名前サインもあったのですが、個人情報的な配慮から秘しました~)

 冬は、暖かなお心遣いが身にしみる季節です。
 人も猫も、よいクリスマスを!

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

ちビスケ登場@猫毛祭りin京都

Dscn1989   ヘディ猫さん、『猫毛愛』で表紙なさったんですってね
 ふーん。

 でも、ふふっ。

 あちらはご自分1匹分だけだもの。

Chi


 ワタシ、黒猫「ち」なんか、ほら!

Chibisuke








 あ、違った、ほら!


 どう? こんなに何匹もで、貢献してるんだから!

 猫毛祭りin京都の会場、キトゥンカンパニーさんが「こねこビスケ」の猫毛祭りオリジナルバージョンとして、作ってくださったその名も「ちビスケ」♪ かわいくって、おいしそうでしょう? もちろんおいしいんだから!

 今週末の毛フェル座公演で、お目見えします♪ ちビスケは、じゃなかった、観覧申し込みは、早い者勝ち♪

 ちなみに、猫毛祭りin京都には、こんな焼き菓子もお目見え中。

| | コメント (2)

2010年11月23日 (火)

焼き菓子おいしいよ♪ @ 猫毛祭りin京都

Rimg0884  この、花型とまん丸の焼き菓子。
 老舗、丸太町かわみち屋「蕎麦ぼうろ」です。

 猫毛祭りin京都への差し入れに、『猫毛愛』編集者のM城嬢から頂きました。ありがとうございます!
 蕎麦粉を使った焼き菓子、蕎麦ぼうろは京都に数あれど「ここの蕎麦ぼうろが一番好きなんです」と、京女のM城嬢。

Rimg0886  キトゥンカンパニー御一家とオヤツに頂きましたら、長女様から力強いお褒めの言葉をいただきました。京女を虜にする味なのですね~

Rimg0887  




 そして、当方のイチオシを熱く語るこちらの顔型。
 やはり、猫毛祭りにいらして頂く皆様にお勧めは、そりゃあ「こねこビスケ」でしょう!

Koneko <お写真全てキトゥンカンパニーさんブログ「はなうた手帖」から拝借>

 店内で紅茶と一緒に味わいつつ、展示中のチーム猫毛作品展をお楽しみくださいませ。店主様が手作りなさっているので、数に限りがありますが、売り切れていなければ、猫的お土産にも好適♪ トラサビプレーンクロネコ…今日はどんなこねこビスケが登場しているんでしょうね~

★11月20日~28日新刊『猫毛愛』出版記念イベント「猫毛祭りin京都」開催中★
その間、祭り全般のことはこちら「猫のおきて」に、祭りでの猫毛フェルト作品やワークショップの御紹介は、「猫毛フェルトの部屋」にてアップしますので、合わせてご覧くださいませ。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

肉球祭りですって♪

 当方は時々パンを自作するのですが、こんなパン焼いてみました。

Nekotepan  以前から「猫の手パン」、じゃない正確には「猫の前肢パン」への野心はありましたが、肉球部分もパン生地にすると、どっちも膨らんで、こういう形になるから今一つ似てないなあ、と作りませんでした。
 しかし先日、「ねこやき」でおなじみサクラベーカリーアニマルパンがテレビで紹介された折、パーツにクッキー生地を使っていると知り、「それだ!」と作ったのがこちら。

 パン生地にクッキー生地を組み合わせるのはメロンパンの手法ですが、これの場合、本体がソフトフランスの生地なので、ちょっと噛み応えがあり、メロンパンのようなクッキー部分との一体感に乏しいのが難。パン自体、クッキー生地自体は悪くないと思うので、むしろ別々がよかった、という残念な結果に。造形としてはまずまずの満足感なのですが、食味として今一つなので、再生産はしないことでしょう。
 糖と油脂分を多く使ったやわらかいパン生地とは、しっくり合うと思います。どうぞお試しあれ。作った方があったら、ぜひ画像ご披露くださいね。

Rimg0677  と、そんな折、猫漫画雑誌『ねこQ』さんで、桜沢エリカ先生が猫毛フェルトを紹介してくださいました。前号でも載せていただき、2号連続でのご紹介ありがとうございます! 前号の記事は毛フェルブログにてご報告しましたので、今回は猫おきにて。
 今号の同誌は「肉球まつりだよ~!!」だそうで、画像のパンをついでに御紹介した次第。

 出版記念メッセージ、表紙予想もまだまだ受け付け中。出版ご報告記事表紙予想記事、あるいは当記事のコメント欄へどうぞ!

| | コメント (4)

2010年5月17日 (月)

猫毛劇ありがとうございました!

Rimg7126  華やかに縁起がいい、紅白の薔薇。

Rimg7127  先週土曜日15日、カフェ・ヒナタ屋さんでの「世界の毛フェル座」公演に、「猫毛本」「もっと猫毛本」でお写真を撮っていただいた写真家後藤晃人様と、その奥様で『クレロンの猫アクセ』の著者・後藤有紀様からいただいたお花です。ありがとうございます!(ご夫妻の猫たちのブログ「クレルの首輪☆おっとりロンロン」はこちら


Rimg7129_2  公演では、相変わらず失笑するようなアクシデントはありましたが、皆様に楽しんでいただけたと思います。何より、座員たちが楽しみました。
 ご覧くださった皆様、会場ヒナタ屋様、そして座員諸氏、本当にありがというございました。こちらは、会場のヒナタ屋さんが打ち上げにご提供くださった猫瓶ワイン。

 相変わらず、上演中は撮影するヨユウがないので、舞台写真ありません。すみません…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

猫的ワイン!@ヒナタ屋

 今週土曜日15日は、猫毛フェルト指人形劇団「世界の毛フェル座」の公演。
 会場は、カフェ・ヒナタ屋さん。猫毛劇の前や後に、お茶やお酒、お食事も楽しんでいただけます。
 5月12日のメルマガ「猫のおきて」での告知で、「公演日には、もしかしたら猫的ワインもある、かも?」と書きましたが、それがこちら♪

Rimg7102_2  ヒナタ屋店長S木さんの心づくしで、ご用意いただきました♪ マイバッハ・ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ。3匹並んだ黒猫の、くるんと丸まった長~いしっぽがキュートです。
 黒猫のラベルで「ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ」の名を持つワインを多くのメーカーが作ってますね。「ドイツの黒猫ワイン」としてご存知の方も多いのでは。
 モーゼル産リースリングぶどうが生む、自然な甘みとさわやかな酸味のフルーティなワインで、やや甘口の優しい味わい、とか。
 猫毛劇ご観賞前のアペリティフ(食前酒)として、また、観劇後のディジェスティフ(食後酒)として、ぜひお楽しみください。

 当日はグラス売りで、分量に限りがありますので、お早目に。あっ! お値段、聞き忘れました… すみません!

 公演の詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)